読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wzmx’s diary

wzmさんがインターネットを楽しんでいる様子をごらんください。

メインブログですwzm.hatenablog.com
amazonウィッシュリストですhttp://amzn.to/1fQeQ4V

『君の名は。』を観ました。監督の過去の作品が苦手だった人も観ればいいと思います

※『君の名は。』及び、監督の過去の作品の内容に触れています

 

 

 『君の名は。』を観ました。案外良かったです。

 「こんなキラキラしたもの、俺が観るような映画じゃない」と思っているおじさんとかも、気にせずに観ておいたほうが良いと思います。丁寧に作ってある良い映画です。

 正直なところ、観る前はちょっと不安でした。過去の新海誠監督の映画、僕には合わない内容のものばかりだったからです。

 最初に観たのは『雲のむこう、約束の場所』でした。今のご時世にこういうことを言うのちょっと勇気いるんですが、これが本当に無理でした。あっ刺さないで。背景などの絵はすごい良かったんですが、話はただよさみで押し切るだけの内容で、もうこれ、ただの動く画集じゃん! いや確かに背景の絵はすっごい綺麗だし、静止画で観たらすごい綺麗なんだろうけど! でもだったら映画じゃなくていいじゃん! 絵本とかで見たい! そういう感想でした。

 次に新海監督の作品を観たのは、Abemaの一挙放送でのことでした。『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』、『星を追う子ども』の三作品をぶっ続けで観ました。これら三作品も一通り合わなかったです。(余談ですが、『秒速5センチメートル』を観ている途中、いつの間にか飛蚊症を発症していたことに気づきました。多分人生最初の老化現象だと思います。最初の老化が『秒速5センチメートル』を観てる途中に起こるってすごい。)

 『秒速5センチメートル』はまあ、「なるほど世の中にはこういうノリの映画が好きな人もいるのね」という感じでした。ちゃんと感情移入して観れてない人の感想だと思います。『言の葉の庭』ですが、前半は「やばい、この映画すごい好きになれそう」と思っていたのですが、オチが無理でした。なんだあのオチ。わーっと泣いて、わーっと抱き合って、じゃーんと音楽が鳴ればそれでいいのか。あっ刺さないで。でもあのお話の丸め方は無いと思います。乱暴すぎる。雑だと言ってもいい。キャラクターにかなり感情移入して観れていただけに、もう少し丁寧に二人の葛藤に向き合いながら終わりたかった…。前半すごく好きだっただけに残念だった。悲しさすらあった。『星を追う子ども』はひたすらジブリのパクリでした。思想が無いジブリでした。よくもあんだけ臆面も無くパクれたな。逆にすごいわ。主人公の声がイカちゃんだったのが可愛かったけど…。イカちゃんかわいい

 『君の名は。』に関しては、どうもネットでの評判を幾つか読んでみた感じだと、この度はこれ、なかなかおもしろそうなんじゃないか。でも過去の経緯もありましたから、ぷんすこ怒りながら劇場を出ていく羽目になることも覚悟の上で、鑑賞に参ったわけであります。

 そしたらこれ、なかなかいいじゃないですか。いい映画だったじゃないですか。これみんな観たほうがいいですよ。こんなキラキラしてそうなもの、孤独な自分が見たらそのまま体が消滅して無くなるんじゃないかとか、そういうこと心配してないで気にせず観に行けばいいと思います。そんなこと心配してないですか。僕はちょっとしてました。

 実は新しさが無いとか、ライトな作品だとか、そういうことを言う人がいるみたいですが、ライトだろうかヘビーだろうが、丁寧に作られたものには違いないです。思想らしい思想もないから、「ただの良い話じゃん」と言えばそれも一面の事実だし、「過去のいろんな作品の良かったところを組み合わせてるだけ」と言えばそれも確かにそうなんですが、娯楽のためのお話というものは、何よりも「丁寧に作られていること」が一番大事なことだと思います。

 良質な娯楽作品であるための条件って、新しさとかではないと思います。何千何万回も語られ続けているパターンのお話であっても、丁寧に愛情を込めて仕上げられているか? 聞き手の心を確実に揺さぶるレベルになるまで徹底して作り上げられているか? そっちのほうが重要なことだと思います。どんなに斬新なアイデアを含んでいても、雑に作ってあると雑な映画にしかならない。ところが逆に、手垢のついたようなお話であっても、丁寧に作ってあれば名作になり得る。

 要するに、『君の名は。』のことを、「新しくない。だから、ダメなんだ。」と言っている人って、「俺こういう話前から知ってたし」と自慢したいだけちゃうんかと。

 『君の名は。』は間違いなく丁寧に作られた映画であり、それ故に名作でした。

 それにしても、あれですね。アレがアレして人類滅亡!みたいなお話って、割りと定番ですけど、アメリカ人が作ったら結構派手なノリになるのに、日本人が作ったらこういう「エモいやろこれ?」みたいな感じになるんですね。おもしろい。