wzmx’s diary

wzmさんがインターネットを楽しんでいる様子をごらんください。

メインブログですwzm.hatenablog.com
amazonウィッシュリストですhttp://amzn.to/1fQeQ4V

『ゆるキャン△』のストーリーを覚えられない

 『ゆるキャン△』のストーリーを覚えられない。人がキャンプしている風景を眺めているだけで満足してしまい、具体的な出来事(チャイを飲んだ等)に関心を持てない。「あ~飲んでるな~」だけで、満足、みたいになってしまう。何を飲んだとか、何を食べたとか、どんなテントかなどは、割とどうでもいい。このひとが幸せならそれでいいや…程度の愛で鑑賞している。

 孫のことは好きだけど最近の子供の遊びが理解できないのでただ見守っているしかない祖母かな?

 昔、ダイエーから出たところで、ミニ四駆のワンウェイホイールの機構について祖母に説明したところ、「良う知っちゅう。」とだけ言われました。

ジャン麺とは何か。ホルモンによる平和と秩序、包み隠された暴力。~ファントム・メナス~

 「ジャン麺」なる食べ物はもともとこの世には存在しない。かの中つ原の国にも、この日出ずる国にも、そのような名前の麺料理は存在していなかった。そう、あの日までは。
 「ジャン麺」とは、高知の田舎の焼肉屋が、とあるサイドメニューを発明した時に開かれた、地獄の扉から現れた化け物の名である。
 
 麻婆豆腐の「豆腐以外全部」ってあるじゃないですか。あのトロトロの。餡って言うんですか。ご飯にかけると美味しいやつね。あれご飯にかけると美味しいですよね~だってあれご飯にかけると美味しいやつだもん。
 あのトロトロって、基本、あれだけを食べることはないですよね~。麻婆豆腐の時も、豆腐と挽き肉を堪能したら残すものです。体にも悪いですからね~塩分すごいですから。その体に悪いトロトロにね、基本残さないといけないあれにね。ホルモンと、溶き卵。たっぷりのニラ。唐辛子。駄目ですそんなことしたら。死人が出ます。基本残すべきあれが、こうしてするする食べれる最高になった。これは…「地獄の食べ物」と呼ぶことさえ…あまりにも…某週刊誌ふうに、「閻魔自身」とでも呼ぶべきである。
 
 そんな閻魔のトロトロが、あろうことか、ラーメン丼になみなみと注がれているところを想像してほしい。見ているだけでおかしくなりそうである。トロトロに箸をそっと入れる。小鬼が箸を掴んだのが分かる。持ち上げると、黄金色の細麺。口に運ぶ。甘い小麦。
 いつも「良くないなぁ、良くないなぁ」と思いながらラーメンのスープを口に運ぶ時と同じ感覚で、そのトロトロを口に運んでみる。ラーメンのスープと比べても明らかにやばい、人を殺しにきている味。ラーメンのスープが「未来に死ね」と言っている味なら、こいつは「明日死ね」と言っている。恐ろしいのは、塩分と唐辛子の野獣性が、ホルモンと卵によって適切に統治されていることである。ホルモン・卵の二頭政治の辣腕ぶりのため、本来は呪詛であるはずの「明日死ね」という言葉が、甘美な響きさえ纏って、こちらに迫ってくる。あまりにも暴力的な秩序。燃えるような平和。
 麺が無い。もう麺が無い。だが、残されたこのトロトロをそのまま啜り続けたら、頭がおかしくなる。米を頼む。
 トロトロを少しずつ、レンゲですくって、米の入った茶碗に移し替えていく。少しずつ米と混ぜて、ほぐす。ほぐした米を口に運ぶ。まるで果実。トロトロを茶碗に移す。ほぐす。運ぶ。果樹。ほぐす。運ぶ。田園。ほぐす。運ぶ。肥沃。
 
 人はいずれ死ぬ。
 
 もし私が、まるで自分が知性ある生き物の一員であるかのように錯覚する、そういう傲慢さを自らの内に抱いていることに気づいたならば、そのような時にこそ、この店をまた訪れようではないか。そのような時にこそ、このトロトロを啜って、思い出すべきであろう。人の子は、このトロトロのような暴力的な食べ物の前では、動物に過ぎないのだということを。

友人が病院に行ってる間に幾つ史跡を巡れるかやってみた話

 たまには普通のブログっぽく、日常のことでも。

 執筆時は2月4日ですが、1月27日。友人を病院まで送っていったのですが、処置中は暇でしたので、その間に幾つ史跡を巡れるかということをやっておりました。「史跡」といっても大きなものではなく、偉人の生誕地の記念碑とか、そんな感じです。

 

f:id:wzm:20180204174344j:plain

 後藤象二郎先生誕生之地。すぐに見つかりました。今は幼稚園になってます。

 

f:id:wzm:20180204174442j:plain

 片岡健吉先生誕生の地。駐車場のどちら側に碑があるのか分からず、少し迷いました。…どんな人なのかよく知らない。勉強不足。

 戊辰戦争を戦い、維新後は衆議院議長を務められたそうです。

 

f:id:wzm:20180204174937j:plain

 板垣退助先生誕生の地。大きい碑なのに、少し探しました。お寺の敷地内にあるとは気づかず。敷地に入らずとも外から丸見えなんですが…。

 後藤象二郎とは幼なじみで、誕生の地もすぐ近くです。

 

 ここで高知城方面へ向かい、「武市瑞山武市半平太)先生殉節之地」の碑を探しましたが、見つからず。帰りの道すがらに気づきましたが、道路工事の作業車の陰にたまたま隠れており、撮影できませんでした。残念。

 

f:id:wzm:20180204175926j:plain

 山内容堂公誕生之地。お殿様だけあって、高知城のすぐ脇です。龍馬伝のこの人は怖かった。

 

 少し足を延ばして、「吉田東洋記念之地」を目指そうかと思いましたが、時間が無く断念。それにしても、「記念之地」とは、いったい何を記念している場所なのかと思ったのですが、どうも暗殺されたところみたいです…。あと今ググって分かったんですが、新しい図書館の建設予定地の中にあるみたいで、いずれにしろ撮影することはできなかったみたいだ。

 龍馬伝のこの人、スゴ悪かっこいい爺さんだったな。忘れられない。…というか、今ふと思ったんですが、龍馬伝山内容堂吉田東洋スターウォーズの皇帝とダースベイダー感ある。

 

 1時間程度を見込んでいましたが、友人の処置が思いのほか早く終わり、30分程で病院に戻りました。こんな短時間でもいろいろ巡れるものですね。というのも、登場人物の名前を見れば分かると思いますが、お殿様とか上士(上級武士)の方ばかりなので、お城のそばの狭い場所に集中しています。坂本龍馬等の生誕地となると、下級武士なので、お城からはもう少し遠い。

 

 また折を見て、記念碑巡りしてみたい。

高知でガルパンイベントに参加した皆さん、もう一度高知に来るまでが遠足です

 要するに大洗と高知が時を超えて繋がっていたという超素敵な話でした。
 
 そもそも、ガルパンの日常シーンを観てる時の「こんなところに戦車!?」という違和感と、坂本龍馬のモニュメントが脈絡無く設置されている高知の風景の「こんなところに龍馬!?」という違和感って、構造が似てるっていうか、同じじゃん。高知、ガルパンだった。高知ガルパンだったわ。俺が、俺たちがガルパンだ。高知県民、一番ガルパンを楽しめるというか、受け入れやすい県民性を持っているじゃないか。(もっと上映しろ)
 
 桂浜のすぐ近くにある坂本龍馬記念館(現在リニューアル工事のため閉館中)では、龍馬が生前に出していた書簡をなるべく多く集めて、できれば一挙に展示できないかと、かねてより検討していたそうです。
 ガルパンの舞台である大洗には「大洗町 幕末と明治の博物館」なる施設があり、坂本龍馬の書簡を4通、所蔵していたそうです。高知の坂本龍馬記念館がそのうち3通を借りることになったのですね。なので、イベントの名前は「書簡貸出セレモニー&トークショー」です。
 この「大洗町 幕末と明治の博物館」ですが、創立者田中光顕が実は土佐潘出身、それも武市半平太が率いる土佐勤王党の一員で、吉田東洋の暗殺事件後に脱藩、その後は高杉晋作の弟子時代を経て、中岡慎太郎の陸援隊の幹部になり、維新後は新政府の政治家にと、ゴリゴリの幕末志士だったのでした。知らなかった…。
 坂本龍馬が暗殺された時に、中岡慎太郎から事件の詳細を聞き出した人たちの中にも、田中光顕がいたようです。つまり…龍馬が刀の刀身に自分の額を映して「俺は頭をやられた…俺はもうだめだ」と最期の言葉を語ったエピソードとか、そういう有名な話を瀕死の中岡慎太郎から聞いていたかもしれないのか。熱い。大洗と高知がこんな縁で繋がっていたなんて知らなかった。
 
 イベントでは、高知の坂本龍馬記念館の館長さんである高松清之さんが登壇してくださったのですが、これがまたおもしろい話で。これが聞いてよかった。
 この度高知に貸し出される書簡3通のうち、1通の内容を簡単に説明してくださったのですが、飲み屋で飲んでいた坂本龍馬が、別の店で飲んでいた佐々木高行(同じく土佐藩出身の武士)に「お前もこっち飲みに来いよ~」と誘うというもの。高松さんの解説によると、女軍(にょぐん。女優による舞台と思われる)がおっぱじまるが、場に男が足りない。これじゃ女に負けて盛り上がらないので、佐々木高行大将軍、頼むから加勢に来てくれ!というような書き方をしているそうです。この内容自体も滑稽でおもしろいが、今日、こうしてステージ上で挨拶している女性声優の集団や、それを目当てに高知のガルパンおじさんがぞくぞくと集結しているさま等、状況が色々と一致している。それがさらにおもしろい、という話でした。
 すごい。単純に愉快な話だというのもそうなんだけど、歴史の力で、今と昔が、大洗と高知が、おじさんと龍馬が、にょぐんと声優が、どんどん繋がっていく。熱い。熱すぎる。考えてみれば、昔の戦車や民謡・軍歌が登場するガルパン本編だって、そういう作品なのだ。来てよかった。高松さんのお話のお陰で、個人的には最終章1話本編の熱さにも引けを取らない、良いイベントになっていたと思う。これは本当に来てよかった!
 
 これはもう、坂本龍馬記念館がグランドオープンする4月21日以降(詳細な展示開始日は未定)に、件の書簡が展示されている様子をきちんと拝みに行ってですね、そこまでやって初めて、今日のイベントを終えたと言うべきなんじゃないでしょうか。俺たちのイベントはまだ終わっちゃいない。まだ今日のイベントはきちんとピリオドを打ててないんですよ! この書簡がきっかけでこういう素敵なイベントができたわけですし、高知県民にとってはガルパン最終章の上映を県にもたらしてくれた恩もありますから、そこまできちんとやらなければ、龍馬や大洗や田中光に申し訳が立ちません。東京からお見えになってくださったおじさん達も、書簡を見に是非また来てほしい。
 
 もう一度高知に来るまでが遠足です。
 
 そういえば。
 チケット予約開始直後、ものの5分で完売したと言われるこの上映会、上映後の舞台挨拶の司会の方が「〇〇から来られた方(挙手)ー?」というくだりをやっていたのですが、その場にいたのは高知県民がほとんどで、高知以外の四国民はちらほら、東京からの方もまあちらほら、という感じでした。高知にガルパン需要しっかりあるじゃねぇか。最後まで上映して欲しい。頼むから。別に贅沢を言ってるわけじゃなくてただちゃんとして欲しいと言っているだけなんだ俺は…
 あと、「この中で大洗に行ったことある方ー?」もやってたんですが、意外と高知県民、大洗行ってる。僕も行ったことはあるのですが、子供の頃の話なのですよね…
 なので、実は大洗の水族館は思い出の場所の一つだったりします。劇場版でドンパチやっていた海岸の、水族館を挟んで反対側の海岸で遊んだ記憶がある。
 
 そういえば、バイクにペタペタとガルパンのステッカーを貼っているおじさんが近所に住んでいる気配が前からしているのですが、あのおじさんも今日来てたのかなぁ…
 
 
参考:

 

 

 

良いゲームおもしろい

 そういえば昨日、Monument valley 2をクリアしました。

 あのゲーム本当に綺麗で好き。公式サイトで売ってるトーテムポールの枕ほしい。

いつも絶好調だと疲れる。

 昨日(昨日かよ)コーヒーを1キロも買った帰りにマクドナルドでコーヒーを飲んでいて、もう自分でもわけが分からないなと思った。クーポンでMサイズが100円だった。

ベートーベンの思い出

 先日、無料でベートーベンの第九を聴けることになったので、聴いてきました。これはざっくり言うと「世の慣わしが分け隔てた人々……そう君主と乞食でさえも! 人類みな兄弟になれる! 兄弟のように!」みたいな歌なんですが、会場で普通に親戚に会った。

 生の第九はとても良かったです。NHKはさっさと『その時歴史が動いた』の第九の回を再放送してください。お願いします。あの番組は毎週見ていましたが、第九の回は屈指の神回なんです。